お知らせ

ボローニャFC本社様の導入事例を公開しました
お知らせプレスリリース
2021年04月28日(水)

株式会社ボローニャFC本社様は、京都・祇園発祥のボローニャ デニッシュ食パンなど、高品質かつ独自製法による手づくりパンを展開。現在、全国9ヶ所のフランチャイズ拠点との提携により、全国の百貨店やスーパー、ホテルなどにデニッシュ食パンを提供しています。
このたび、2021年6月のHACCP完全制度化への対応を目的に『カミナシ』を導入いただき、フランチャイズの1社であるボローニャマックス株式会社が運営する九州工場において活用を開始。HACCP対応に必要な各種記録の管理をクラウド上でできるようになったことで、多拠点展開における衛生・品質管理の見える化を実現しました。

『カミナシ』の活用方法と成果

  • HACCP対応による記録帳票の電子化 / 取引先への開示も容易になり、災害時のデータ消失リスクにも備えられるメリットも
  • 多拠点における品質管理の見える化 / 本社の現地視察の回数が年間10回から半減。出張や人件費などの削減も見込む

導入事例ページ

フランチャイズ拠点のHACCP対応を実施。多拠点展開における品質管理の“見える化”で現地視察の回数が半減

プレスリリース

ボローニャFC本社がHACCP対応を目的に、現場改善プラットフォーム『カミナシ』を導入(コーポレートサイト )

この記事をシェアする