お知らせ

ロイヤルフードサービス様の導入事例を公開しました
お知らせプレスリリース
2021年09月22日(水)

ロイヤルホールディングス株式会社傘下のロイヤルフードサービス株式会社様は、ホスピタリティ・レストラン「ロイヤルホスト」や天丼・天ぷら専門店「てんや」などの外食事業において、全国に約500店舗を展開しています。現在、同グループは全社的に「店舗業務のDX」を推進中であり、その一環として、全国の店舗にカミナシの導入を決定。品質管理やHACCPなどの衛生管理に用いられる紙の帳票の削減に取り組んでいます。
2020年6月に2店舗を皮切りに試験導入を開始し、現在までにてんやの直営全店 約120店舗、ロイヤルホストの直営全店 約220店舗、その他ブランド直営を合わせた約350店舗に導入されています。

『カミナシ』の活用方法と成果

  • HACCP対応など飲食店舗における帳票のデジタル化
    ロイヤルホストでは1店舗あたり月間40枚程度を削減。衛生面での向上にも効果
  • 担当者自らノーコードでアプリを作成して店舗DXを推進
    システム部門に頼ることなく導入を完結。本部と店舗、双方の業務効率を向上

導入事例ページ

カミナシを活用し、「ロイヤルホスト」「てんや」など全国約350店舗のDXを推進中。
店舗から紙の帳票を削減し、全社的な業務効率化や品質管理の強化を実現

プレスリリース

ロイヤルグループ、飲食店舗のDXを目的に
現場改善プラットフォーム『カミナシ』をロイヤルホストやてんや等350店舗へ導入

(カミナシコーポレートサイトへジャンプします)

この記事をシェアする