お知らせ

古屋旅館様の事例を公開しました
お知らせ
2023年01月17日(火)

古屋旅館は、熱海市街中心部に位置する、創業1806年の熱海で最も歴史ある老舗温泉旅館です。お風呂には江戸時代より湧き出ている熱海七湯の一つ「清左衛門の湯」を使用し、100%源泉掛け流し温泉として多くの宿泊客に愛されています。
同社では、温泉旅館の要となる温泉の温度管理をはじめとした管理業務の可視化やスタッフの教育体制が課題となっており、その解決のために『カミナシ』の導入を決定しました。

『カミナシ』の活用方法と成果

100%源泉掛け流し温泉の温度管理を紙帳票からデジタル化
古屋旅館が擁する100%源泉掛け流し温泉は、2〜3時間ごとの温度記録や湯量の調節により、天然の熱だけで常に浴槽内を41〜42℃に維持する必要がありました。これまでは、その温度記録を紙帳票を用いて行っていたため、温度変化の傾向を把握するまでに手間を要していました。そのため、温泉の温度感知器や湯量を調節する調整弁といった設備機器の劣化やトラブルにも気付きづらく、故障等により温泉が使用できなくなるリスクを感じていました。
そこで、これらの運用を『カミナシ』に変更し、スケジュール管理された確実な温度記録のほか、データの蓄積により正確な温泉管理が実現。即座にデータ化されることで、年間を通じた推移や季節、気候による変動などを把握できるようになり、設備機器の予兆保全にも役立てられるようになりました。

導入事例ページ

200年以上の歴史を誇る老舗温泉旅館が、ITツール活用により効率的で働きがいある職場づくりを推進

この記事をシェアする