お知らせ

現場管理アプリ『カミナシ』、従業員チェック機能を追加
プレスリリース
2020年09月28日(月)

新型コロナ感染防止対策による従業員の健康チェック記録も一元管理可能に

現場の力を最大化する現場管理アプリ 『カミナシ』を提供する株式会社カミナシ(本社:東京都千代田区、代表取締役:諸岡 裕人、以下「当社」)は、『カミナシ』の新機能「従業員チェック機能」を9月28日より提供開始しました。本機能により、「いつ、誰が、どんなチェックをしたか」を従業員ごとに記録ができます。新型コロナウィルス感染防止対策として従業員の日々の健康チェックを行う飲食やサービス業、また衛生管理が必須な食品製造業において、管理効率の向上が期待できます。

背景:新型コロナウィルスにより、従業員の健康管理は必須業務に

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の流行により、日頃から細心の衛生管理を行う食品製造業はもちろん、接客を伴うサービスを提供する企業においては、従業員の日々の健康管理は必須の業務となっています。
しかしながら、多くの現場では紙を用いた管理が行われているのが実情です。『カミナシ』のユーザーである飲食チェーン企業では、健康管理に関する帳票を1ヶ月に最大450枚使用しているケースもあります。紙を用いた管理では、従業員の入れ替わりに伴ってその都度、帳票の差し替えなどの管理コストが発生するほか、管理者が毎回チェック表を確認したり、記入後の帳票管理が煩雑になるなどの課題がありました。

今回、当社が提供する「従業員チェック機能」では、タブレット端末(iPad)に各従業員が直接入力することにより、チェック内容をデータ化。基準値を超えた場合は管理者に即座に通知する機能や、個人単位でのデータ抽出が可能になるなど、容易な管理を実現しています。
また、従業員単位でデータを紐づけることが可能なため、本機能を応用して各作業の監査レポートの作成や従業員研修の進捗管理なども可能になります。

「従業員チェック機能」のポイント

・自由度の高いチェック項目

管理者画面でチェック項目の設定ができます。○×によるチェックや数値・文字入力など、項目は自由に設定が可能です。

・基準値の設定や通知機能

基準値を設定しておくことで、基準値を超える数値が入力された場合は即座に管理者に通知が送信されます。

・従業員ごとのデータ抽出

対象の従業員データのみ検索および表示をすることが可能です。

概要

・提供開始日:2020年9月28日(月)
・料金:『カミナシ』全プランのユーザーは無料で利用可能

実際の操作画面

現場管理アプリ『カミナシ』について

『カミナシ』は、作業チェックなど現場のルーティンをデジタル化する現場管理アプリです。
手書き情報のデータ化から集計、報告など、これまで紙やエクセルで行っていた作業をデジタル化することで、現場での正しい作業ナビゲーションの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現。現場と管理者双方の業務から非効率をなくし、改善活動を推進します。
製造や小売、飲食、物流などあらゆる現場にいるノンデスクワーカーの働き方をスマートにすることを目指しています。利用料金は1アカウントあたり月額6,000円(税別)から。
https://kaminashi.jp/

この記事をシェアする