お知らせ

現場DXプラットフォーム『カミナシ』導入現場数5,000箇所を突破
プレスリリース
2022年09月16日(金)

 ノンデスクワーカーの働き方を変革する株式会社カミナシ(本社:東京都千代田区、代表取締役:諸岡 裕人、以下「カミナシ」)は、現場DXプラットフォーム『カミナシ』の累計導入現場数が5,000箇所を突破したことをお知らせします。

 カミナシは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、日本の就業人口の半数以上にあたる約3,900万人(※)のノンデスクワーカー(ブルーワーカー)の働き方を変革すべく、現場DXプラットフォーム『カミナシ』を提供しています。
 2020年6月末の提供開始以来、これまで食品製造業や物流、ホテル・旅館、設備メンテナンスなど、30を超える業界の200社以上に導入いただき、このたび導入現場数が5,000箇所を突破しました。誰でも簡単に業務アプリが作れる「ノーコードツール」である点を評価いただき、特にこの1年では、ロイヤルフードサービス株式会社、ルートインジャパン株式会社といった1,000名以上の大手企業での導入が進んだ結果、前年比で350%の増加となりました。

 DXという言葉が叫ばれて久しい昨今、工場や店舗などで働くノンデスクワーカーの領域では、いまだデジタル化はおろか紙やペンで旧態依然とした業務を行っている状況です。『カミナシ』は、現場の作業者と管理者の業務効率化を実現し、さまざまな現場DXの第一歩を担うプロダクトとなっています。
 今後もノンデスクワーカーが使いやすいプロダクトを追求し、より多くの現場DXを推進してまいります。

(※)独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業別就業者数」より当社算出

■現場DXプラットフォーム『カミナシ』について

『カミナシ』は、作業チェックなど現場の業務フローをノーコードでデジタル化する現場DXプラットフォームです。手書き情報のデータ化から集計、報告など、これまで紙やエクセルで行っていた作業をノーコードでアプリにすることで、現場での正しい作業ナビゲーションの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現。現場と管理者双方の業務から非効率をなくします。
 製造や飲食、小売、物流など、業界問わず現場の業務改善や品質を向上するとともに、現場のDXに寄与しています。利用料金は月額60,000円(税別/10アカウント)から。
https://kaminashi.jp/

■会社概要

会社名 :株式会社カミナシ
所在地 :東京都千代田区神田鍛冶町3-7 神田カドウチビル3F
代表者 :代表取締役CEO 諸岡 裕人
設立 :2016年12月
事業内容 :現場DXプラットフォーム『カミナシ』の開発及び提供
URL :https://corp.kaminashi.jp

この記事をシェアする