お知らせ

カミナシ、「第16回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2022」社会業界特化系ASP・SaaS部門において、経営改革貢献賞を受賞
プレスリリース
2022年11月17日(木)

現場DXを推進する株式会社カミナシ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 諸岡 裕人、以下「カミナシ」)は、提供する現場DXプラットフォーム『カミナシ』が、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスを表彰する 第16回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022(主催:一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会、後援:総務省等、以下、ASPIC)において、社会業界特化系ASP・SaaS部門 経営改革貢献賞を受賞しました。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード」について

ASPIC IoT・AI・クラウドアワード(以下、ASPICアワード)とは、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的に、総務省などの後援により、日本国内で提供されているASP・SaaS/IaaS・PaaS/IoT・AI/運用のサービスとデータセンターおよびそれらを利用するユーザ企業を審査し、優秀かつ社会に有益なIoT・AI・クラウドサービスを表彰するものです。
https://www.aspicjapan.org/event/award/16/index.html

現場DXプラットフォーム『カミナシ』について

『カミナシ』は、作業チェックなど現場の業務フローをノーコードでデジタル化する現場DXプラットフォームです。手書き情報のデータ化から集計、報告など、これまで紙やエクセルで行っていた作業をノーコードでアプリにすることで、現場での正しい作業ナビゲーションの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現。現場と管理者双方の業務から非効率をなくします。
製造や飲食、小売、物流など、業界問わず5,000箇所以上の現場の業務改善や品質を向上するとともに、現場のDXに寄与しています。利用料金は月額60,000円(税別/10アカウント)〜。
https://kaminashi.jp/

受賞者コメント

株式会社カミナシ 代表取締役CEO 諸岡裕人
工場や店舗で働くノンデスクワーカーの現場では、いまだ多くの業務において非効率な紙管理が残っています。『カミナシ』は、それらの現場から非効率な紙をなくし、デジタル化を推進するツールとして提供しています。今回の受賞では、現場の管理業務をノーコードで簡単に、かつ高いセキュリティを担保しながら実現する『カミナシ』の技術力を評価いただきました。
この受賞を一つの大きな跳躍の機会とし、今後も多くの現場のDXに寄与すべく、サービスの向上と事業成長を続けてまいります。

会社概要

会社名:株式会社カミナシ
所在地:東京都千代田区神田鍛冶町3-7 神田カドウチビル3F
代表者 :代表取締役CEO 諸岡 裕人
設立:2016年12月
事業内容:現場DXプラットフォーム『カミナシ』の開発及び提供
URL :https://corp.kaminashi.jp

この記事をシェアする