HACCP完全義務化! 今こそ見直そう。本当にやるべき「品質管理」とは?〜お客様と食品工場を”守る”正しい記録〜

2021年6月からHACCPが完全義務化され、既に管理体制は整えたという企業も増えています。

そんな中、このようなお悩みはございませんか?
・正直、記録の信憑性に不安がある。
・現場の作業者に、記録を行う意味が伝わっていないと思う。
・どこまで基準を高めて管理を行えばいいか分からない。

上記のような課題をテーマにして、食品工場さま向けの無料セミナーを実施いたします。

HACCP完全義務化の流れを汲みながら、改めて衛生管理・品質管理を行う意味を考えていきます。 セミナー後半では、正しい記録を行うために必要不可欠な「品質管理のデジタル化」の観点でお話させていただきます。

皆さまのご参加、お待ちしております。

このセミナーは終了いたしました。

こんな方にオススメです

  • 食品工場にお勤めの方
  • 既にHACCPへの対応は行っているが、改めて正しい対応ができているか知りたい方
  • 品質管理における工数の増大で困っている方
  • 他社の対応事例を知りたい方

プログラム

13:05〜13:35

品質・衛生管理が「なぜ重要なのか」

1.改めて見直したい、品質・衛生管理の実行の本質
2.お客様と食品工場を守る正しい記録とは?
3.品質・衛生管理における現場の実情

13:35〜13:55

品質・衛生管理を「効率的におこなう方法」

1.記録のデジタル化による品質担保の効果とは?
2.記録の信憑性を高めるには?
3.管理者の業務効率化について

13:55〜14:10

質疑応答

開催要項

開催日時

2021年04月08日(木) 13:00〜 14:10

参加費用

無料

開催場所

オンライン

主催

シーバイエス株式会社、株式会社カミナシ

登壇者

シーバイエス株式会社片桐 史人

シーバイエス株式会社

フードセーフティー研究所シニアフェロー

片桐 史人

1988年ティーポール株式会社に入社(その後ディバーシーに吸収合併)製品の研究開発職を経て2003年よりジョンソンディバーシー(現在のシーバイエス㈱)フードセーフティー研究所のグループマネージャー、チーフコンサルタントとして食品工場や食品スーパー、チェーンレストラン、ケータリング、グローバルホテルグループなどの顧客を担当 国際HACCP同盟リードインストラクター、JHTC認定リードインストラクター、SQF認定コンサルタント、ServSafe インストラクター

株式会社カミナシ富澤仁

株式会社カミナシ

インサイドセールス

富澤 仁

2010年 青山学院大学 国際政治経済学部 卒業。新卒で帝人ファーマへ入社し、医薬品事業においてMRとして5年間従事。2015年 エスエムエス入社後、介護業界向けの教育関連の新規事業で拠点責任者を担当。広告事業においては、15名規模の組織マネジメントも経験する。2020年 カミナシに入社し、現在はインサイドセールスの立ち上げに奮闘中。

参加までの流れ

  1. 本ページ下部のフォームよりお申し込みください。
  2. お申し込みいただいた方だけに、視聴用アドレスが記載されたメールをお送りいたします。
  3. 視聴用アドレスにアクセスいただき、事前登録をお願いします。
  4. 開始時間になりましたら、視聴用アドレスにアクセスしていただくとご参加いただけます。